2013年04月05日

記念になるのかな

家を新築するのは、とても嬉しいことですが、
いよいよ、住み慣れた家が、まるっきり無くなるというのは寂しいものです。
結婚して以来18年間、私は子どもの頃に引っ越しが多かったため、
最長でも7年かな、現在の住まいがいちばん長いのですね。

そして、くりと13年間ともに暮らした家です。
新しい家には、くりの場所はありません。
なんていうのかな、あんな大事なくりだったのに、
ひとり、外してしまったような・・・かんじがします。
しかたないんですけどね。

くりの遺品はいくつか残してあるし、遺骨もまだ手元にあります。
でも、もうひとつ、何か足りない。

そこでコレ↓を、とっとくことにしましたよ。
0403.jpg

くりがかじってぶち破いた扉です。

くりは、これを遊びでかじったわけではありません。
アレルギーで口の周りが痒くて痒くて、柱やら色々なものに顔を擦りつけていました。
そのうち、この扉にすでに剥がれかかっていた部分があったのでしょうか、
そこを突破口にぶち抜き、ギザギザになったところで掻いてましたね。
とうぜん出血するわ、顔はぼろぼろになるわで、最初はこの写真のように
周りをクッション材で覆いましたが、すぐにフタをしました。

ま、あまり記念にとっておくのにふさわしい物とも思えませんが、
他にこれといったものは無いしなー。
おそらく数年のうちに捨ててしまうのでしょうけど、とりあえず仮住まいに持って行きます。

くりちゃん、座布団2枚敷いちゃってイイワネー
と、ポチッとしてください。
  ↓
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
posted by びー母 at 10:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見事にぶち破りましたね〜
このさい新居にどーんと飾りましょう なんて。
ウチにも、雷のときに恐くて枠の一部を破壊したドアがあります。
そんなエピソード付きのものって、取っておきたい気がします。



Posted by のん母 at 2013年04月05日 12:54
匠にお願いして・・・なんちゃって。

他人にとっては「ナニコレ?」でも、家族にだけわかるヒミツ、
なんていうのもイイでしょ。

Posted by びー母 at 2013年04月06日 11:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。