2013年02月28日

暖かい一日

陽ざしが柔らかく、風もない暖かい日。
今日は、びーちゃんとピンキーはずいぶん長い時間ひなたぼっこを楽しみました。

0228-2.jpg

ピンキーは隅っこのホットケ花壇の中。
ここからだと下の道路が見えるので、ヤレ人が通っただの、猫が居るだの、退屈しないのだそうです。

でもそのおかげでベランダ園芸を再開しようにも、うまくいきません。
小さな鉢では、びーちゃんとピンキーがお相撲するので倒されちゃう。
大きな鉢には、おそらく座りこんじゃう。
プランターでは寝てしまう・・・

なので、こんな感じにとどめておきます。

0228.jpg

奥にしろ太くんが写ってますね。
こっち向いてくれな〜い?
ぺろぺろ作業に忙しく、私の声なんか聞いちゃいません。

0228-1.jpg

今度は室内から。
びーちゃんとお花を撮ってみました。

ガラスが汚れてますね。
心にゆとりができたのなら、掃除もしっかりせい!ってことですね。


posted by びー母 at 15:13| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

ねこやなぎ

005.jpg

いただきものです。
昨日駐車場代を支払いに行ってもらってきちゃいました。
ほとんど行くたび、なんかいただいちゃうワタシ。
農家もなさっているので、柿とか大根とから落花生もいただいたなー。

玄関先で待ってるあいだ、愛らしい花芽をスリスリなでてたら、何本か切ってくださいましたのよー。

赤芽猫柳、最近はピンクネコヤナギと呼ばれて人気あるようですね。
水に差しておくだけでも発根するそうで、ウチでも挿し木ができるかも!
楽しみ、楽しみ♪
posted by びー母 at 10:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

気持ちの余裕

台所の(キッチンとはとてもいえない〜)水栓パイプを取り替えました。
だいぶ前からパッキンがへたり、ナット部分がガクガクして、変な所から水が出てきてました。
さらに今までのものは蛇口と平行だったため、シンク底との距離が短く、洗い物をしながらしょっちゅうぶつけてました。
今度のは吐水位置が70ミリもアップ!
手元広々〜☆になりました。

010.jpg

もっと早く取り換えればよかったなぁ。

昨年の私は荒廃してました。
なんていうんだろ、余裕がなくて、いつもイライラ不機嫌でした。
ブログの更新を1回もしてなかったのも、たぶんそんなせいです。

年明け早々くりの病気を知らされ(顎の下のデキモノはその半年前から気付いてたんですけどね)あまり長くないと宣告され、そこから何かが狂ったのかもしれません。
くりは長く具合を悪くしていたわけではありませんが、それでも元気なわけでもなく、私はずっと煩わしさを感じていたのだと思います。
posted by びー母 at 13:39| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

種類

お庭(というと夫は笑うのですが)に植えた「花かんざし」というお花がたくさん咲いたので、いくつか切って、くりに見せてあげました。

007.jpg

手前の小さなグラスに入った白いお花です。わかいにくいですね。
お骨が写っててごめんなさい。
骨壷に入ってるだけだと存在感がないので、私がテキトーに取り出して置いてあるんです。
で、たまに撫でたりする・・・


ぜんぜん話が違うのですが。
ずいぶん前、ピンキーを連れていたら、ヨーキーを連れたオジサンが「この子はなんの種類?」と聞いてきました。
面白いなー、可愛いなーと思って、思わず声をかけてしまったんだと思います。
私が「雑種です」と答えると、「それはわかるんだけど、何と何が混ざってるの?」と。
だから「わからないんです」と言いました。
そしたら、「ぷっ、わからないって・・・(そんなことあるの?)」
なんだか、私が馬鹿で、犬種を特定できないでいる、みたいな感じでした。

んー、私は馬鹿でもなんでもいいんですが、わからないものはわからない。
わかりたくてもわからない。
何もかもがわからないから、ピンキーはウチに居るのに〜。

そういう何が何だかわからない犬がいっぱいいることを知らないのかなー。

いいじゃんね、何の種類でも。
posted by びー母 at 15:48| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

突風

今日のびーちゃんはズルイんですよ。
朝ちゃんとお散歩に行ったのに、私が買い物に行くからお留守番しててね、と言ったのに、いそいそドアの前に立ちはだかっちゃいました。
「さ、おかあさん、行きましょ♪」
促され、しかたなく予定変更です。

風が強くて凍りそうに寒いのに、朝とほぼ同じコースをウロウロして(びーちゃんのテリトリーはとっても狭いんです)、家の近所まで帰ってきたら・・・!
くりのあの日向ぼっこ場へイソイソと。
びーちゃんとあそこで日向ぼっこしたこと、あんまりないはずなんだけど。

しばらく隣に座ってましたが、びーちゃんはソッポ向いてばかりいました。
あれ? もしかして今日の風にあおられて、くりがまた漂ってるのかな。
そんなことを思って、空に向かって「くり」と声を出してみました。

もちろん返事もないし、何事も起こりませんでしたが、やっぱりたまには声に出して名前を呼ぶとスカッとしますね。
びーちゃん、気がついてくれてアリガトウ。

それから・・・
びーちゃんと散歩していて、くりの幼馴染わんこのおかあさんにお会いしたとき、くりは死んじゃったのとお話したんですね。
その2~3日あとかな、やっぱりびーちゃんを連れてたとき、そのご主人にお会いして、「くりちゃん、死んじゃったんだってね」と声をかけられ、ビックリしました。
くりのことを、ご家族で話題にしてくださっていたなんて!
ほんとにもう嬉しいっていうのか、ありがたいっていうのか、いやー、マイッタな、ですよ。
そういったことがボチボチあるので、まー、くりってカオが広かったんだと改めて思いました。
たいして愛想もなかったのに不思議です。

今日はメンドクサイので画像は無しです。
posted by びー母 at 14:09| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

なんとかしなきゃ。

昨日は運転免許更新に行ってきました。
もうペーパードライバーになって長いので、もちろんゴールド!
5年ぶりに撮った写真は・・・見たくないっ。
過去の免許証をズラリ並べてみると・・・見なきゃよかった。
あーもーさらなる5年後が怖いです。
今のうちになんとか手を打っておかなくては。

003.jpg

びーちゃんとピンキーにとって、いつまでも元気ハツラツ、爽やかおかあさんでいたいもんね♪

それにしても、ピンキー変な顔。
posted by びー母 at 09:15| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

コンクラーベ

くりのせいでおかげで、神さまと少しお近づきになれたような気がする今日この頃・・・
私の神さまって、いったいどこのどなたさんなんだろか・・・?

それはそうと、昨日テレビを見ていたら、ローマ法王がご高齢のため退位するとか。
そして、次なる法皇さまを選ぶ会議は「コンクラーベ」というものだそう。

コンクラーベ・・・なんか大変そう。
やっぱり力技が必要なんでしょうね。

これも、コンクラーベのひとつ。

DSCF3216.jpg

グイグイ出来てたんだなー。
年取ってからのくりは、合わせてあげないと転んでたもの。引っ張るなんてとてもとても。

それと、大事なことを思い出しました!
くりは、亡くなる日も、私の手をペロペロ舐めてくれたんですよ〜。
優しいおじいちゃんだったんですね〜。
さっきまで忘れてましたよ、鈍感なおかあさんですね〜。
posted by びー母 at 15:12| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

月命日

今日はくりの月命日です。
もうひと月・・・早いものですね。

あの日のくりは朝5時前から「わんわ〜ん」「わんわ〜ん」と、ひっきりなしに鳴いてました。
なんか用〜?とそばに行くと鳴きやむんです。
携帯電話かけてる夫が「うるさいぞ〜」と言うくらい、元気な声でした。
このまま鳴きっぱなしだったらどうしよ? ますます近所迷惑なウチになっちゃうよ〜。
なんて夫と冗談を言い合ってました。

でも、目を覚ましたとき前日とはまったく違う、まるで生気のない目だったので、これはマズイなとは思ってました。
その前日あたりから歯茎は驚くほど真っ白になっていましたし。
なるべくそばにいて、ごつごつした頭やガリガリの身体を撫でてやると、深い寝息をたててました。
まー、もともとが痩せていたのがさらに痩せ、お散歩ではリードがあばらに引っかかりそうなほどでしたよ。

それでも朝ごはんにふやかしたフードを、口元に近づけると食べる勢いがあったので、頭を支えてやりました。
私、この時点で、シリンジ給餌はしないぞ!と心に決めていました。
シリンジを用いることが強制給餌に当たるかはわかりませんが、なんとなく嫌だったんです。
ただ、じっさいくりが自力では食べられなくなり、でも食べたそうにしたならば、やはりそうしていたかもしれません。

午前中は洗濯物を干しに2階に上がったり、ベランダでびーちゃんたちと過ごしたり、その間もずっと「わんわ〜ん」が聞こえてました。
私を呼んでいるようでもあり、また、すでに向うへ旅立った友達と交信してるかのようでした。

おしっこ出てるかな?と、見てあげるとき床ずれ防止に反対向きに寝かせるようにしていました。
が、どうも同じ向きでないと都合が悪いようでした。
大丈夫かなと元に戻すと、そのままデデ〜ンと伸びてしまって・・・
くりは丸まっていたかったようなのですが、もう自力で丸くなれなかったので、頭をもたげて丸めてやりましたよ。
そうすると落ち着くようでした。

何回かそんなことふうに動かしているうちに、右手の腫れからブシャッと体液が噴出してしまいました。
右手は全体がポンポンに腫れていて、脇の下、ひじとかかとの関節に水のかたまりが出来ていて、脇の下のが破裂してしまったんです。
5月にも同様のことがあり、そのときはくりが自分で舐めてしまったので、私はあまり気がつかず、破裂したことで全体の浮腫みが治って歩けるようになったんです。
でも、今回はそうはいかないことはわかっていました。

くりの寝ているすぐそばに、タオルやオムツ、雑巾、ティッシュ、いろいろ手の届くところに用意していたので、ティッシュで拭ってやりました。
ドクドク出てくるので怖かったです。
薄い青緑色の粘性のある液体で、膿と体液が混ざったものだと思っていましたが、あとから調べるとリンパ液だったのかもしれません。

もうこの時点で獣医さんに行くことは考えられませんでした。
電話して来てもらおうか、と考えながらも
「神さま、お願いだから早くお迎えに来てあげて。」と言いましたよ。
でも、神さまはすぐに来てくれず、なんだ、今日は忙しいんかい!?なんて思っていました。
くりにも「あんまり大変だったら逝ってもいいよ。おかあさんは一緒に行ってあげられないけど、仲良しだったお友達がいっぱい待ってるから怖くないよ。」と言ってあげました。
もちろん、ありがとうとごめんねも、たくさんたくさん言いました。
私が涙と鼻水でぐぢゃぐぢゃになってると、くりの体液の漏れ出しは止まってくれて、なんとなく一段落したような気がしましたっけ。

そんなこんなで夜になり、くりはそおっと旅立って行きました。

くりの最期の日に私がしてあげたのはそれだけ。
してあげた、というよりなにもしなかった、に近いような気もしますが、私としてはそれで良かったんだと思っています。
posted by びー母 at 16:17| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

新しいお花。

晴れた日には寒さに負けず、お花の手入れをしたりしています。
なんというか、まー、犬が3匹になってからはホットケ花壇、ホットケベランダプランターでやり過ごしていたんです。
しかも、その状態に気がついてなかった・・・
ホットケ花壇は、名前のとおり雑草だらけ。ベランダーのプランターはピンキーのひなたぼっこベッドと化し、毎年ネジバナが咲くというテイタラク。
もう「犬が3匹も居るんだから!」なんて通用しません。

でも言い訳しちゃうと、若い頃って華やかな一年草を次々植えかえて楽しんでましたが、年をとってきますと、地味な宿根草が良くなってくるんです。
色合いも地味めで、特に下向きにひっそり咲く花たち。
オダマキとかクリスマスローズとか・・・(オダマキは去年から出てこなくなりましたが)
或いは、夏のアガパンサス。地植えにして水やりもしてないのに、まあ元気!みたいのが好きになってくるんですね。
それから、苗をわざわざ買ってくるとかではなく、ご近所さんから株分けしてもらったものとか、公園で落ちてる種を狙っていて拾って蒔いてみたものとか、そういうのが毎年咲いてくれるのは嬉しいものです。

でも今日は元気で明るいお花を買ってきちゃいました。
ご近所さんで咲いていて、ずっと欲しいな〜と思っていたオキザリス。
切り花を見に行ったお花屋さんにお安いのがあったので、一株買ってしまいました。
こればっかりは日当たりが良くないといけませんのでベランダへ。
しばらく様子を見て、大丈夫そうならもう一回り大きな鉢に植え替えてみます。

002.jpg

びーちゃんは、お花のことよりお母さんのことが気になってしかたありません。

004.jpg

ピンキーは、ちょっと食べたそうにしてましたよ。
posted by びー母 at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

犬小屋撤去

今日はミゾレ混じりの雪です。
悪天候の中、粗大ごみ屋さんが犬小屋を持って行ってくれました。

ふむ・・・スッキリ。でも、ちょっぴり違和感。
だいたい私は不要になったものを片付けちゃうのが早過ぎですね。
うさちゃんのときも、ケージをとっとと片付けてました。
そういう性格なんですね。

じっさい犬小屋はこんなふうな使われかたで。

DSCF0195.jpg

2001年の写真ですが、入口は完璧にフタされてます。
当の主は家の中で寝てるし。

明日晴れたら、ここに小さな寄せ植えを作ろうかな。

posted by びー母 at 10:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

ひらめいた!

玄関先に、くりの犬小屋があります。
最初から室内飼いでしたが、お外にいていただくこともあるかなーと購入したもので、最初の1~2年たまに使っただけ。
あとは数年前、迷子のワンコのお泊りにつかってもらったきりで、もう雨漏りするわ、そこは抜けそうだわ。
でも、撤去しちゃうのはなんだか〜でした。

もともと私にとって思い入れのあるものではないし、もう家主はいなくなっちゃったわけだし。
粗大ごみに出しちゃうことにしました。

でも、13年間あったところに何もなくなってしまうのは殺風景です。
プランターを置いて花を咲かせようと決めました。
樽の小さいのみたいなプランターに、くりの遺骨を入れるつもりです。

うさちゃんの遺骨は花壇に埋葬してあって、くりのもそうするつもりでした。
ただ、大きさが・・・ ウチの土部分は非常に狭く、ちょっとキビシイなーと思っていました。

ほんとうは土葬にしたかった。
My Dog Skip の「スキップが死ぬと、両親はぼくが子どもの頃愛用した野球ジャンパーにくるみ、庭のニレの木の下に埋めた。」
これに憧れていたんです。
犬を飼うのなら、埋めてあげられるくらいの庭のある家に住んでなければいけないんだな、と感じています。

ただ、今からそう後悔してもしかたない。
49日まで、どんなプランターに作るかよく考えてみるつもりです。
夫とも相談しています。
くりはもういなくなっちゃったけど、もう何もしてやれないと思ってたけど、まだまだやってあげられることはたくさんありそうです。
とっても楽しみです。

DSCF4952.jpg

「ワタシもプランター好き〜♪」

そーゆーんじゃなく、もっとオシャレでシックなのにするの!
posted by びー母 at 10:21| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

デザート

いちごの季節になりましたねー。
昨日は小さくて可愛らしいいちごを買って帰りました。
さっそく一粒、くりにもお供えしましたよ。

うちのワンコたちは果物も好きです。
朝、私が食べる果物をデザートにちょっぴりおすそわけしてました。
くりは亡くなる前の朝も、デザートのりんごまできっちり食べてました。

DSCF3387.jpg

「オイチカッタ♪」

これも古い写真です。
古い写真を見ていると、わー、くりが立ってる!とか、くりが走ってる!と、びっくりします。
posted by びー母 at 10:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。